スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

東京書籍の教科書はダメだなしゃあしゃあとウソが書いてある

2014.05.23(23:31)

丘田‏@okada014
. 東京書籍の教科書はダメだなしゃあしゃあとウソが書いてある ★東京書籍の中学公民教科書 43ページの13行目以降の部分



https://twitter.com/okada014/statuses/458547074359779328

20140520080150dfa.jpg

「1910年の日本の韓国併合による植民地統治の時代に、日本への移住を余儀なくされた人たちや、意思に反して日本に連れてこられて働かされた人たちとその子孫も多くいます。これらの人たちは、民族の誇りを守り、さまざまな分野で活躍しています。しかし、就職や結婚などでの差別が亡くなっていません。また、日本国籍を持たないため、選挙権や公務員になることなども制限されています。日本で生まれ生活していることやその歴史的事情に配慮して、人権保障を推進していくことが求められています。」
スポンサーサイト





自称従軍慰安婦証言を検証してみましょう

2013.11.22(07:34)

262 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 23:13:28.16 ID:6KfSdoa50 [1/6]

  それでは自称従軍慰安婦証言を検証してみましょう

  「生活は貧しく、12歳のときに100円で売られた。ソウルの金持ちの家で小間使い。
   1938年に威鏡南道ハムン郡で女中をしていた時に、その家の娘の身代わりとなって満州に連行され
   従軍慰安婦となった」

  「17歳のとき、日本人の村の指導者の妻が、未婚の朝鮮人少女全員に、日本軍の工場に働きに行くように命じました。
   そのとき私は労働者として徴用されたのだと思いました。」

  「私は19歳で学校を卒業する25日前に、日本軍に引っ張り出され、仕方なく慰安所に行ったんだ」

  「満18歳になったある日、男がやって来て、村から娘を提供するように言いました。」

  『村の班長(日本人)に「一家に一人は行かなくては」と脅され、1941年、韓国を離れましたが、
   到着した場所は、慰安所でした。』

  「14歳のとき、いわゆる「少女出」で満州に連行され、皇軍兵士のセックスの道具にされた。つらい体験だった。」

  6人の証言ではありません
  すべて黄錦周さん一人による証言です
  言うたびに内容が変わります
  上から順に
  (1)従軍慰安婦と戦後補償 / 著者:高木健一
  (2)国連・経済社会理事会クマラスワミ報告 / 1996年1月4日
  (3)"TBS"「ここが変だよ日本人」
  (4)「日韓社会科教育交流団韓国を訪問/1997夏期
  (5)旧日本軍「従軍慰安婦」の証言を聞く集会 / 1997年12月5日
  (6)黄錦周さんの証言を聞く会 / 2001.07.17 / 東京大学にて




210 名無しさん@13周年 sage 2013/06/27(木) 22:00:13.73 ID:r8rPIzXL0

  「私の祖母は子供の頃日本兵にころされた」って証言あったな



211 名無しさん@13周年 sage 2013/06/27(木) 22:00:35.37 ID:CPht4OsLO

  >>210
  wwwww





トニー・ブレアと慰安婦の不都合な真実

2013.05.24(23:45)









「わずか75秒で慰安婦問題を斬る」

2013.05.24(23:42)






従軍慰安婦の実態

2011.12.15(17:06)

■1.米軍がレポートする慰安婦の実態■

 米軍情報部は、北ビルマの慰安所で収容された慰安婦からの聞き取りをもとに、以下のような報告書を残している。
女性たちは経営主が、600円前後の前借金を親に払って、その債務を慰安所での収入で返還している,女性たちの稼ぎは月に1500円前後、兵士の月給は20円前後。
慰安婦たちは、二階建て個室付きの大規模家屋に宿泊して業を営んだ。
・・・・彼女たちの暮らしぶりは、贅沢であった。

慰安婦は接客を断る権利を認められ、負債の弁済を終えた何人かの慰安婦は朝鮮に帰ることを許された。また、ビルマのラングーンで慰安婦をしていた文玉珠さんの手記では、その生活ぶりを次のように語っており、米軍のレポートを裏付けている。

支那マーケットにいって買物した。ワ二皮のハンドバッグと靴を買い母のためにもなにか買った。将校さんに連れられてジープに乗って、ぺグーの涅槃像をみに行った。ちなみに文玉珠さんは、平成4年に日本の郵便局を訪れ、当時貯めた2万 6145円の貯金返還の訴訟を起こして敗れている。千円もあれば故郷に家が一軒買えると体験記で述べているが、現在の貨幣価値なら、4~5千万円程度の金額を、3年足らずで貯めたことになる。

――――――――
[7:巨額のカネを稼いだ慰安婦の実態]
平成4年に韓国の元従軍慰安婦の文玉珠が起こした、「戦時郵便貯金の払い戻し請求訴訟」別名下関裁判というのをご存じですか?。
彼女は戦時中にビルマで従軍慰安婦をして貯めた26,245円を郵便貯金にしていましたが、後にその中から5,000円を朝鮮の実家に送り、
(略)
つまり30か月で2万6千円を貯金したので、毎月870円も貯金したことになります。大東亜戦争陸軍給与令(昭和18年)によれば、最下級の2等兵の月給は7円50銭で、下士官である軍曹が23円~30円、戦地手当を含めると約2倍になったので、当時の兵士の収入を平均すると月額30円程度でした。彼女はその30倍も稼いだわけです。それだけではありません、陸軍中将の年俸でも5,800円でしたから、彼女は在ビルマ日本軍最高指揮官よりも、多く稼いでいたことになります。
――――――――


■■追加資料■■
――――――――
 文玉珠の場合、3年足らずで2万5千円貯金し、うち5千円を家族に送金している(文玉珠『ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』(梨の木舎1996年)138ページ)。今なら1億円前後の大金である。

 ベテランの日本人慰安婦も負けていない。吉原で10年暮らした高安やえは、「戦地へ行けば10倍稼げるし・・・・稼いだら内地に帰って商売を始めようと考えてラバウルへ・・・・一人5分と限り、一晩に200円や300円稼ぐのはわけがなかった」と回想している(高安やえ「女のラバウル小唄」『続戦中派の遺言女性版』櫂書房1979年)。

『慰安婦と戦場の性』秦郁彦著P392
――――――――




◆比較

※当時の貨幣価値
・総理大臣月給 800円(東条英機)  ・陸軍大将月給 550円  ・一般日本兵月給 15~25円

━━━━━━絶対に越えられない壁━━━━━━

・文玉珠
・慰安婦の月収 1000円~2000円(アメリカ軍の調書)
・元慰安婦、文玉珠の2年3ヶ月の郵便貯金 26145円…
現地で贅沢品を消費しながら大邱の家族に5,000円を送金し、26,145円(現在の貨幣価値で約6,000万円)を約2年で貯金した売春婦

・高安やえ
「一晩に200円や300円稼ぐのはわけがなかった」
「女のラバウル小唄」『続戦中派の遺言女性版』櫂書房1979年






、元慰安婦だったという宋神道(89)は「一日も早く解決してくれないと死んでも死に切れない」などと訴えた。
DSCN8304.jpg

韓国政府が「慰安婦が強制連行された証拠」としている資料↓
vlnews026066.jpg
「慰安婦を募集!月給300円以上!3000円まで借金が可能!」と書いてあります
当時、警察官(巡査)の初任給が45円でした。
現在の貨幣価値に合わせると慰安婦の月給は133万円以上となります。
更に1330万円の借金が可能だと書いてある。
誰が読んでも「売春」の仕事だとわかる。


従軍慰安婦なんてものは存在しない!!

彼女たちはれっきとした売春婦である。







強制連行・従軍慰安婦

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 東京書籍の教科書はダメだなしゃあしゃあとウソが書いてある(05/23)
  3. 自称従軍慰安婦証言を検証してみましょう(11/22)
  4. トニー・ブレアと慰安婦の不都合な真実 (05/24)
  5. 「わずか75秒で慰安婦問題を斬る」(05/24)
  6. 従軍慰安婦の実態(12/15)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。