スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

椎野鳥子 パクリなのか?

2015.01.09(12:17)

まだ携帯もネットもない時代の事です。
当時十代だった私は、今はもうない月刊誌「ぶーけ」を読んでいた時の事。
ある漫画のワンカットに驚いた。
image1.jpg


「これ別の漫画でみた事ある!!」

サイファ

顔の角度も体の向きも一緒。
下のカットは手が切れてますが黒い手袋もしています。
コートはデザインを変えているけれどほぼ一致。

上は椎野鳥子の漫画。
下は成田美名子。

椎野鳥子は結構好きな漫画家だったのでショックでした。
今は「クローバー」も映画化される人気漫画家ですが・・・
この一件からこの人の漫画を見る事はやめました。
同じ事をしてるんじゃないかと粗探しをしながら読むようになりそうで。

ちなみに「ぶーけ」を読んでいたら無名の作家が成田美名子の漫画のワンシーンをやはりまるパクリしているのを見つけた事があります。
主人公の女の子とその友達の喧嘩のシーンですが、服装、セリフ、喧嘩のオチまで一緒でした。20年以上も前なのでもう手元にその雑誌がないのですが今も鮮明に覚えています。

昔はネットなんてなかったのでこういう事も日常茶飯事だったのかもしれないですね。


スポンサーサイト





市川ジュン著「陽の末裔」を読んで

2011.02.21(21:14)

戦前戦後の女性解放に心血を注いだ女性の話。

久しぶりに読んでちょっと引っかかった箇所があった。

文庫版の5巻、77ページ。

 「世界中に報道されて非難囂々だというのにな。

あの南京の殺戮。

死者は」数万とも数十万とも聞くけど」
 


そして同巻、248ページ。

GHQの進駐軍の占領が思いのほか友好的な事に対しての台詞。

 「かつての日本軍の占領地に比べたら嘘のように平穏だわね」 

南京大殺戮と韓国併合の事でしょうか?

いずれにせよ、こういうドラマを書くのであればもう少し下調べをしてほしいもの。

南京大殺戮なんてものは存在しなかったし、世界中に報道されたなんて事実もなかった。

韓国併合だって平和的どころか、国を整備し、生活水準を上げたのは日本人。

日本人が略奪や暴行を働いたと言われているようで気分が悪い。




死ぬまでに最終回を迎えて欲しい漫画

2009.10.31(00:19)

ガラスの仮面

ガラスの仮面 43 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 43 (花とゆめCOMICS)
(2009/01)
美内 すずえ

商品詳細を見る

初めて読んだのは10歳の時。それから20年以上は経っています。
最近は5年に一度の割合でしかコミックが出ません。
今年はめずらしく2冊も出ました。

けれど42巻の頃から話がつまらなくなりました。
もう紅天女の稽古シーンには飽き飽きです。真澄のグダグダな堂々めぐりの話も、ストーカーになってしまった桜小路くんも。
純愛というより、単に妄想恋愛してるばかりのキャラに現実感がなく正直、あまりの子供っぽさに引きました。

絵柄も古いしラブストーリーも古い。
無理に恋愛話を入れなくていいから「紅天女」の話をさくさく進めて下さい。
無駄な話を入れて巻数をかせいでいるのか?
雑誌にのせた話をコミックにする時ほぼ全て描き直してるって話ですが、そんな必要あるのか。

ストーリーはここ最近は同じ事の繰り返し。
主人公・・・イジイジウジウジ、そしてライバルのすごさに毎回打ちのめされる。いつでも後ろ向き。
ライバル・・・主人公の天才っぷりにやっぱり打ちのめされる。

今では次巻が待ち通しいというよりも、惰性で買ってます。
最初は確かに名作だったけれど、今は迷作。

ラストは何年も前から決まっているそうですが、じゃあ何故面白くもない話で1冊丸々うめてしまうのか。やっと話が進んだと思っても、やっぱり登場人物がウダウダ、イジイジ、悩んで立ちどまる。
何十年も同じ事の繰り返しで疲れます。
長きゃいいってもんじゃないでしょう。
コンスタンスに仕事をこなすのがプロ。完璧主義と本人は言うけれど、ただダラダラと垂れ流しているだけ。
物語の質も絵の質も落ちているから、さっさと終わらせてください。

悪魔の花嫁
悪魔(デイモス)の花嫁―最終章 (1) (BONITA COMICS)悪魔(デイモス)の花嫁―最終章 (1) (BONITA COMICS)
(2008/06/16)
あしべ ゆうほ池田 悦子

商品詳細を見る



これも初めて読んでから20年以上は経っている。
去年ようやく10年以上の沈黙を破って連載が再開されました。

だけど・・だけど・・こんなにガッカリする作品に成り下がってしまうなんて・・

最新刊は読んですぐ古本屋に売ってしまいました。

絵は時間と共に変化するのは当たり前だけど、上手くなるならともかく、テキトーに書いているような絵にガッカリしました。
話も中身がなく薄っぺらでデイモスが出てくる意味があるのか?

最終章と銘打っている割には全然最後に向かっていく気配はない。

まだ連載は続いているのでしょうか?
もうどうでもいいような気分。

とりあえず最終回だけは見ようかな・・と思ってます。

最終回まで話が続けばの事だけど・・・





漫画

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 椎野鳥子 パクリなのか?(01/09)
  3. 市川ジュン著「陽の末裔」を読んで(02/21)
  4. 死ぬまでに最終回を迎えて欲しい漫画(10/31)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。