スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

金メダルがない日本 韓国に同情される

2010.02.27(15:18)

日本を追い越した!」自信と余裕

このところ在韓日本人は韓国人たちから、慰められ、同情され、激励されることしきりだ。トヨタとバンクーバー冬季五輪のせいだ。「日本はどうしたんですか」「大変ですねえ」「心配でしょう」「日本もガンバレ!」-。

 韓国は予想を上回る大活躍で国中が沸き返っている。金メダルの数でロシアや中国を上回り米国やカナダに迫る勢いだから無理もない。

 マスコミは連日、スケートの特集で埋まっているが、その次の話題といえばトヨタの不幸の話だ。意気盛んな韓国と日本の意気消沈が印象付けられている。

 だからマスコミは各国のメダル獲得順位を紹介するときは、金メダルがなくて20位あたりに低迷する日本を必ず最後にくっつけている。やはりまだ日本は気になるのだ。
国際舞台の韓国スポーツは、いつも国力増進と愛国の象徴になってきた。サッカーしかり、野球しかり…。五輪での大活躍となると国民はいやがうえにも盛り上がる。しかも人気映画だと人口5千万人ですぐ「観客動員1千万人以上!」になるほど集中度の高い国だけに、興奮度はきわめて高い。

 そしてスポーツでの勝利は政治、外交、経済などにまで話が広がる。2002年のサッカーW杯(日韓共同開催)で4位になった時など「経済も世界の4強へ!」と官民挙げてのキャンペーンがまじめに展開されたほどだ。

 今回、マスコミで目立ったのは「冬季スポーツでアジアの盟主日本を乗り越えた!」だった。日本への“慰め”も、その快感と自信と余裕からだ。

 韓国は今やスポーツ、経済、文化…すでにある分野では宿敵・日本を上回りつつある。昔、日本に支配されたという“被害者意識”からくる「謝罪、反省、償い」論などもう古い?
今年、韓国では「日韓併合100年」といってまた謝罪論が盛んだ。最近、関連のセミナーで「韓国の隆盛ぶりを考えれば昔のことなどもういいじゃないのか」と発言したところ「スポーツや文化は韓国にとっては銀メダル、銅メダルに過ぎない。日本の真の謝罪・反省という金メダルが取れない限り真の日韓和解はない」という識者がいた。
 今回、日本を乗り越えた自信と余裕が、対日感情のさらなる緩和やホンネとしての「日本ガンバレ」にまでつながるのかどうか、見どころとして残る。(ソウル 黒田勝弘)
MSN産経ニュースより

五輪女子フィギュア 謎の韓国人審判の笑顔

26日のフリープログラム。韓国のキム・ヨナの点数が発表された時、取材にあたる各国の記者から「信じられない」の声が漏れた。そして、その声の主たちは席を立ち、電話をかけ始めたり、取材ノートを勢いよくめくったり慌ただしく動き始めた。審判団の“不正”を疑ったのである。

確かにキム・ヨナの演技はSP、フリーとも素晴らしく、金メダルに相応しいものだった。浅田真央もトリプルアクセルを3回も決めるという史上初の快挙を成し遂げたが、細かいミスがあり、演技力や表現力といったところはキム・ヨナに劣っていたのは日本人でも認めなければいけないところ。しかし、総合で「20点」という数字ほどの差はなかっただろう。

取材にあたっていたロシア人記者はこういう。
150点という点が出た時、思わず笑ってしまったよ。キム・ヨナが4回転ジャンプを成功させたのだと思った。今回は審判のジャッジが偏っているという批判がずっとあった。これから、どの国の記者も審判に不正がなかったか調べることになると思う」

フリープログラムの審判団は偏向ジャッジがないように、世界各地から無作為に選ばれる。今回の国籍はヨーロッパ7人、カナダ1人、そして韓国から1人の計9人だった。各々の点数は発表されないが、ヨーロッパの審判を取材したアメリカ人記者によれば、こんな話があったという。
「フリー後、キム・ヨナとカナダのロシェットの点数だけが異様に高いと、ヨーロッパの審判団の中でも首を傾げる人物もいたそうです。キム・ヨナの演技が終わった後、韓国人とカナダ人、そしてもう一人、東欧の審判が顔を見合わせてニヤリとしていたそうなんです。それはロシェットの時もそうでした。疑いたくないが、彼ら3人の動きが気になるのは事実です
フィギュアは9人の審判が採点するが、実際に数字として反映されるのはそこから無作為に選ばれた7人の点数。本人たちは誰の点が反映されたかわからない。

しかし、件の3人のうち誰かが何らかの不正を働き、点数を「盛っていた」としたら——
もし、その3人が付けたジャッジが、採点する7人の中に反映されていたら——
あれだけの高得点も頷ける…

これはあくまで先のジャーナリストたちが取材している話にすぎないが、何かと物議を醸す点差だったことには違いない。(谷本雅顕)

http://www.naimaga.jp/entry/1/12/0/269/ 韓国人が笑いながら日本人に同情する。
そんな光景が頭に浮かぶ。

敗者の健闘を称えるなんて高尚な考えがない民度の低い人達だからそんなもんなんだろうけど。

>日本の真の謝罪・反省という金メダルが取れない限り真の日韓和解はない
そんな事は絶対にしないから日韓和解なんて妄想は捨てて欲しい。

フィギュアの韓国人審判はキム・ヨナがくやしい不利益をうけないようにしたいといったそうな・・
そして真央ちゃんがくやしい不利益を受けたわけですね。


日本のマスコミはキム・ヨナがいかに素晴らしく優秀なスケーターかということを連日放送してました。
だからこんなに点数の差が出たんだ、と言いたいらしい。
他の国の記者からは疑問に思う声が出ているにもかかわらず、日本のマスコミは申し合わせたようにそんな事は口にしない。

一番の目玉であるはずのフィギュアが結果の見えてる出来レース。こんなつまらないオリンピックは初めて。

最後にもう1つ、おもしろい記事をどうぞ。

キムチに汚された女子フィギュア

観客席で大量に振られる太極旗にブーイングがあった。

キム・ヨナの美しい演技で幕を閉じた女子フィギュアのフリープログラムファイナル。その裏では「世界一の嫌われ者」が思う存分暴れていたという。

「せっかく10万円も払ってチケットを買って見に行ったのに、最悪の気分になった」というのは、40代のアメリカ人女性だ。定価450ドル(約3万8000円)のチケットは速攻売り切れ。ネット上のオークションで取引される金額は最高で9000ドル(約75万円)にまで高騰。この女性はまだ運が良いほうだったが、なぜ怒っているのか?
「韓国人のマナーの悪さにはウンザリしたのよ。キム・ヨナの演技の前からずっと太極旗を振りかざしていて、せっかくの演技が見えなかったの。ヨナの演技が終わった後も興奮したのかずっと旗をふったり、ぺちゃくちゃとおしゃべりしていて、マオアサダの時も、ロシェットの時もまったく観戦に集中できなかった」

確かにテレビ中継でも観客席で多くの太極旗がふられていたのは確認できた。この女性によると、それだけではないという。
「韓国人の応援席近くだったのが最悪なの。とにかくガーリック臭がする。キムチ臭いの。観客席では食事しちゃいけない決まりなのに、『辛』って書いたお菓子を食べてたわ。それが、またキムチ臭くて、本当にムカムカしたわ」
せっかく、キム・ヨナが良い演技を見せたのに、サポーターのマナーの悪さで味噌を付けてしまった格好。そもそも韓国人のマナーの悪さは今に始まったことではない。アメリカやヨーロッパでは「中国人と韓国人とはデートしたくない」といわれており、たびたび、その国民性が「意地汚い」「遠慮がない」「閉鎖的だ」などといわれてきた。しかし、フィギュアを観戦した当の韓国人女性は平然とこういう。
「我々の民族が世界中で嫌われているという自覚はある。でも、外人に何をいわれようと関係ない。我々は勝ったのだから」

キム・ヨナがかわいそうになるぐらい民度が低い。(谷本雅顕)

http://www.naimaga.jp/entry/1/0/0/270/

嫌われているという自覚はあるんですね。
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hiwa690.blog51.fc2.com/tb.php/122-6d61500d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。