スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

日本政府過去史賠償公式化しろ

2010.03.10(18:33)

[社説]日本政府過去史賠償公式化しろ
 鳩山由紀夫日本総理が韓・日の過去史の問題を順次補償するという意を非公式的に表明したという内容が昨日報道された。日本政府を相手に損害賠償訴訟を準備中の太平洋戦争犠牲者遺族会側の伝言によれば鳩山総理は今年初め日本を訪問した米国のある重鎮議員との極秘面談でこういう立場を伝達したという。日本官房長官は「日本政府は今その問題に対して検討しないでいる。」と否認したが非公式、極秘面談などの前提がついていて総理の発言の真偽に対する最終判断は留保する必要がある。この発言が総理個人の所信を明らかにしたこととしても未来に向かった韓・日関係をひらく前向きの態度変化の端緒になるのか注目するに値する。

 日本政府は1965年韓・日請求権交渉により政府次元での被害補償義務はないという立場を堅持している。村山元総理が1995年植民地支配に対して政府次元で公式に謝罪の意向を明らかにしたが強制徴用、慰安婦被害者らに対する過去史賠償問題は法を前面に出して徹底的に無視してきた。ドイツ政府が法的な責任と別個に道義的な責任を負って2次大戦被害者らに国家次元で積極的に謝罪と賠償をしたのとは違う状況だ。こういう雰囲気で昨年9月就任した民主党の鳩山総理は韓・日関係の新しい地平に対する期待を持たせた。鳩山総理が昨年10月の訪韓当時「歴史を直視する。」とした発言の重さは厳重だと私たちは信じる。

 一部では鳩山総理の真正性を疑う視線もある。厚生省の年金脱退手当99円支給、在日同胞の地方参政権法案霧散、朝鮮学校の高校授業料無償化対象除外など一連の事件を見ればその通りだ。この時点で鳩山総理の決断が重要だ。彼が強調する新しい韓・日関係と東アジア共同体構想を現実化しようとするなら過去史に対する真の謝罪とそれに適した被害補償が先になされなければならない。せっかくするのならば非公式的ルートでなく公式にしなければならない。過去史の補償に反対する右派と国民が怖くて後からもみ消したりあるいは世論をなだめるためのリップサービスの次元ならばいっそしないというよりはできないだろう。
[ソウル新聞社説]日本政府過去史賠償公式化しろ

歴史問題で賠償」報道否定=官房長官「政府として検討しているという事実はない」[03/08]
平野博文官房長官は8日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が米重鎮議員に対し、
日韓の歴史問題で賠償を行う用意があると非公式に表明したとする韓国の一部報道について
「全く承知していない。政府として検討しているという事実はない」と述べた。
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1268019344/

正直この類の記事を見るたびに「またかよ・・・」って感じです。
過去の歴史に謝罪と賠償をあきもせずもとめる。
捏造された歴史に何で謝罪や賠償をしないといけないんだよ。
だいたいとっくの昔に済んでる事をいつまで求める気でいるのか。

ドイツの事を持ち出すのもお門違い。
日本とドイツでは戦後処理の形式が違います。
日本が国家賠償を多数の国に行っているのに対し、ドイツでは東西に分裂していたために国家賠償が出来なかったため個人補償という方法をとりました。
韓国人はドイツが国家賠償をしていない事は表に出さず、個人補償をした事だけを取り上げ事実の歪曲をしている。

ドイツが支払った個人補償はナチスがユダヤ人にたいして行った虐殺などの非人道的な行為に対する補償です。
日本は韓国にそんな事はしていません!!

さらにドイツは旧戦国のどの国ともまだ講和条約を結んでいない。

それにドイツは謝罪などはしていません。
ヒトラーとナチスに罪はあるがドイツ人には罪はない。お金は支払うけれど罪は認めないと言っています。

自分達の都合のいいように物事を解釈するのはやめてもらいたい。

妄想もいい加減にしてほしい。
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hiwa690.blog51.fc2.com/tb.php/128-dd635d61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。