スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

平成22年10月22日 衆院法務委・稲田朋美【反日岡崎は辞任せよ!】

2010.10.23(10:46)




稲田「日本の国旗にバッテンがついていた。知っていたのか?」
トミ子「報道を見てはじめて知った。うしろにあったので、わからなかった」

稲田「報道内容に抗議したか?」
トミ子「していません」

稲田「反日デモに参加する日本の議員として世界に配信されている」
トミ子「場に着いたときにはすでに態勢が整っていて、手を引っ張られるようにして位置に着いた。周りは見えなかった」

稲田「報道では”日本政府を糾弾する岡崎氏”というキャプションまでついている。抗議していないのは認めているからか?」
トミ子「日の丸バッテンは、私とは無関係。まったくわからなかったから驚いた」

稲田「抗議するべきだろう。知らなかったでは通らない」
トミ子「誤解を与えたことについては反省している」

稲田「何に対して反省しているのか?」
トミ子「誤解を受けたことについて残念だし反省もしている」

稲田「誤解を晴らすために、いつどんな行動をとったのか?」
トミ子「そういう(反日の)人たちが韓国の中にいたということで、わたしには無関係」

稲田「質問に答えていない。いつ誤解に気が付き、それを晴らすためにどんなことをしたのか?」
トミ子「当時はまっすぐな自分の活動だと考えていた。報道で誤解を受けた方々がいたので反省した」

稲田「誰が、何について、どのように誤解したのか?」
トミ子「誰がといわれても特定は難しい」

稲田「誤解を招いたと、あなたが言った。何に対する誤解なのか?」
トミ子「誤解をされた行動だったと反省している」

稲田「反日デモに参加したことは”事実”だ。何を誤解されたのか?」
トミ子「”反日”だと思われたこと、です」

稲田「誰が見たって反日だ。誰も誤解などしていない。反日デモ参加に反省はしているか?」
トミ子「反日の活動をしたつもりはない。私自身は国益にかなうと思っております。」
民主党議員らが拍手!パチパチパチ!!





稲田「2003年の反日デモで日本大使館に向けて貴方が演説したことは何ですか?」
トミ子「その問題について、今日はお答えしません。」

稲田「岡崎大臣は国会議員として韓国に行き、国会議員としていわゆる従軍慰安婦のデモに参加した。大臣が反日だと誤解されたと仰るならば、その場で大臣が日本大使館に向かって何を訴えたのかをお答えになるべきだ。」
トミ子「私は韓国との信頼関係を取り戻すために。そして被害者の皆さんたちの人間の尊厳を回復するために訴えました。」

稲田「質問に答えてませんね。個人補償を訴えたんではないですか」
トミ子「とにかく日韓関係を信頼のある関係にする。お婆さんたちの人間の尊厳を回復していきたい。」

稲田「私の質問の答えになっていないんです。貴方たちが仰る加害者である日本国政府に対して日本大使館に向かってマイクで被害者たちに個人補償を訴えたんじゃないんですか?」
トミ子「同じ質問には同じ答えです。お婆さんたちの人権という問題について。人間の尊厳を回復をするというのが彼女たちの叫びです。」

稲田「答えになってないんですよ。個人補償を訴えたんじゃないですか?という質問に対して大臣は答えてないんです。」
トミ子「私自身は十分に答えたと思っています。」

稲田「答えてない。事実関係を話すのに、なぜ相談をするんですか?」
トミ子「繰り返し答えになりますが、人間の尊厳の回復のための要求であった。」

稲田「答えてない」
トミ子「人間の尊厳の回復のことだけを憶えておりまして、とにかく日韓関係の信頼関係、一人一人豊かな人生を歩む…」

稲田「全く納得できません。個人補償の請求をしたかどうか、ここまで抵抗して答えない自体がおかしい。この抗議デモはまさしく個人補償を求めるデモで、貴方が個人補償を請求していないはずがないが、そこまで頑なに自分が何を言ったか話さない。貴方がこの国の治安のトップであることは国益を害することなので大臣の辞任を求めたい。」


岡崎トミ子の声初めて聞きました。

中々いい声をしていてビックリです。学校の校長先生みたい。

この声で喋っている内容が売国奴。

声に妙な説得力があるから、信じてしまう人もいるんでしょうね。

20101023043521a06.jpg

こんなすぐ後ろに×が書かれた日の丸があって、全く気付かなかったなんて通らないですよね。

ちょっと横向くか、後ろを振り返ればすぐに気付くくらいの位置にあるのに。
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hiwa690.blog51.fc2.com/tb.php/214-67570799
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。