スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

騒音おばさん

2009.10.19(17:08)



「数年前、騒音叔母さんという報道がありましたよね?ショッキングな映像でした。
報道だけでなく、バラエティ番組にまで流用されて、笑い者にしていましたが、
彼女がどうしてそのような行動に至ったのかなどの詳細は報じられませんでした。
しかし、ネットにはそれらの情報が溢れており、それら情報を総合すると・・・
彼女はテレビの視聴率稼ぎの材料としてもてあそばれたという結論に達しました。
テレビ局のみなさんは、それについてどう考えますか?」

司会者「えーと、具体的な事質問されても・・・その事件を覚えてらっしゃる方はいらっしゃない・・じゃないですかね・・」


よっぽど触れられたくなかったらしい。
浅野さんの質問は完全に黙殺された。

「騒音おばさん」・・・数年前までは朝から晩までテレビで流されていて、見ない日はなかった。

あの映像を見た人は皆思ったはず。
「迷惑な人」だと。
私もその中の一人ですが・・・

この「騒音おばさん」の話は色々な人が書いているので、今更ここでは書きません。

私が気になったのはどっちが「被害者」なのか「加害者」なのかではなく、当時自称「被害者」の「老夫婦」側寄りの報道しかなかった事です。

事件の背景についての報道はなく、ひたすらあの布団を叩いているシーンを流し続けていました。

「老夫婦」が何をどの程度おばさんにしていたのかはわかりませんが、その事も含めて報道するのが本当ではないでしょうか。

流れる映像もだんだんカットされていき、最初に流れた映像と後の方で流れた映像は明らかに違います。
オバサンを撮った映像に被害者のクスクス笑う声がはいっていたのにそれが消されていたり、おばさんを罵倒する老夫婦の声が消されていたり・・・

これは公平な報道でしょうか?

同じ場面を繰り返し流し、放送される毎に映像も説明もカットされていく報道、被害者側からの情報のみを垂れ流しているマスコミに問題はないのでしょうか?

某報道番組のナレーションでは
「容疑者はようやく逮捕された。…10年に及ぶ嫌がらせだが、刑はそれほど重くはならないという。」 などとまるで刑が重くなる事を望んでいるかのようなセリフ。

マスコミは警察でもなければ、裁判官でもありません。

正義を語る前に偏見を与える報道をやめるべきです。

NHK捏造事件と無制限戦争の時代NHK捏造事件と無制限戦争の時代
(2009/11/21)
藤井厳喜

商品詳細を見る




スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hiwa690.blog51.fc2.com/tb.php/27-ad4e59a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。