スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

泣けたコピペ

2012.01.26(08:05)

332 名前:名無しさん@七周年 本日のレス 投稿日:2007/01/26(金) 11:25:20 b9bhucne0

  某議員サイトでの自衛隊のあまりの叩かれ方に辟易してここにやってきました。
  外野でボロカスに言われても、こことか見てると、分かる人は分かってるんだなって思ってほっとしました。

  被災したとき、俺はまだ中学生でした。全開した家で、たまたま通りに近い部屋で寝てたので、
  腕の骨折だけで自力脱出できました。
  奥の部屋で寝ていたオカンと妹はだめでした。
  なんとかしようにも、あたりも真っ暗、俺も怪我していて手作業ではどうしようもなく、
  明るくなってからようやく近所の人に手伝ってもらって瓦礫をどけながら、必死で掘り返しました。

  でもどうしようもなかった。

  半日以上たってから、自衛隊の人を見かけて夢中で助けを呼びました。
  数時間以上かけたと思います、自衛隊の皆さんは瓦礫の中から母と妹を救助してくださいました。
  残念ながら母も妹はすでに亡くなっておりました。
  その後、家は家事で焼け落ちました。

  あの時自衛隊の皆さんが来てくださらなかったら、妹の遺骨を焼け跡から拾うことになったのかも知れません。
  ボロボロになった妹の体を引きずり出して、「ごめんなぁ」とつぶやいた自衛隊の方の顔を俺は一生忘れません。
  あの時は、本当にありがとうございました。
  それから、俺の怪我の手当もしていただきました。ありがとうございました。

  政治家が何を言おうと、俺達はあのときの皆さんに感謝しています。
  本当にありがとうございました。








7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/16(木) 20:03:48.56 ID:q62b1krG0

    2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
    その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

  少女「あんたら地元の人間か?」
  団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
  少女「で、何しにきたんや?」
  団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
  少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
  団体「・・・・?」
  少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
     寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
     夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
     私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
     あんたらにわかるか?
     消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
     でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

  最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
  あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
  団体は撤退。
  彼女は門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。








315 名前:名無しさん@涙目です。(ポタラ宮)[] 投稿日:2012/01/03(火) 18:40:27.89 ID:IwzsKwfj0

usahelp.jpg

385 名前:名無しさん@涙目です。(生田神社)[sage] 投稿日:2012/01/03(火) 19:13:21.03 ID:ZhnkU4Ol0

  アホのマスゴミが俺達に持ってきたの?って聞いて
  アメさんが一瞬固まって、みんなにだ。って言った時本当に呆れたな








450 名前:名無し三等兵[] 投稿日:04/10/29 23:53:59 ID:MFnFiSxu
吉田茂 (昭和32年2月、防衛大学第1回卒業式にて)
「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、
歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。
しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、
外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、
国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。
言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい」


自衛隊の皆様、イラクでも新潟でも頑張って下さい。
がんがれ!超がんがれ!


スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hiwa690.blog51.fc2.com/tb.php/332-dc8ccb72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。